メインイメージ

印鑑証明について

中古車オークションの際の印鑑証明について


中古車を購入する際には中古車オークションで購入する方法と販売店で購入する方法があります。これらはどちらの方法の一長一短がありますが、中古車は一度は人の手に渡った車ですので、傷や故障といったものが多いです。そのため中古車を購入する際にはその中古車に傷や故障がないかどうかを調べることが必要になります。そのような手続きにはいろいろと手間がかかりますので、そういった手間を変えるのが嫌だという方はすぐに故障する車でもいいと考えて購入するか、おとなしく新車を購入するようにしましょう。

オークションで購入するというときには隔地者間で取引を行うことが普通ですので、情報のやり取りが非常に重要となってきます。今ではインターネットや携帯電話が発達していますので遠隔地にいる者同士でも契約を行うというのは特別に難しいものではありませんが、中古車の場合にはただでさえその問題が見えにくいですので、遠隔地にいる者同士であれば故障者や事故車をつかまされる可能性があります。そのため整備手帳などを見せてもらうことで、その車が過去に起こした事故や故障の記録を見ることができますので、誤解をしたまま購入する可能性は低くなります。しかし販売者は素人ではなく専門家である可能性もあり、そういった場合にはこちらの知識不足を利用してわざと情報を公開しないこともありますので注意しましょう。

またオークションで購入する場合にはお互いに間違いのない契約を行えるように印鑑証明を提出するようにしましょう。ほかに販売店で購入する場合には、相手はプロですので素人よりも完璧な書類を用意してくれますし、6か月保障やクーリングオフなどのサービスが充実していることが多いですので、一般的にはこちらのほうが安全です。しかし相手が悪徳な業者であるような場合には、わざと問題のある車を売りつけることがありますので、その場合でも注意を怠ってはいけません。

そのためいいお店を見つけることは中古車購入で非常に重要となってきます。その際にはお店の店頭の清潔感について調べておくべきです。店頭はお店の顔ですので、ここに清潔感が感じられるとお店がお客さんの視線に対して配慮を行っているということがわかります。

さらに店員さんに質問を行うことで、その内容と対応からそのお店の保有する知識の程度とお客さんに対する誠実さを測ることができます。このようにあ中古車購入では気にすることが多いです。

最近の投稿

Contents